ハローワークで受けられるキャリア相談とは?キャリアコンサルティングの流れやメリットを解説

ハローワークのキャリアコンサルティング(キャリア相談)を解説
  • URLをコピーしました!

ハローワークでは求人の紹介や雇用保険の手続きだけではなく、キャリア相談(キャリアコンサルティング)も受けられることは、あまり知られていません。

キャリアや人生計画の再設計や転職活動の課題解決に役立つ「キャリア相談」について、ハローワークを活用することで無料で受けることが可能です。

本記事では、転職活動の方針や職業設計に悩んだ際に役立つハローワークのキャリア相談について、メリットや注意点を詳しく解説していきます。

>キャリア相談なら「キャリアバディ」

キャリアの専門家を検索可能!

目次

ハローワークとは?

ハローワークは厚生労働省管轄の公共職業安定所のことを指しており、無料で求人紹介を受けることや、雇用保険の手続きなどが可能なため、日本における雇用のセーフティネットとしての役割を担っています。

全国544か所のネットワークを活かし、主に地元密着型の就職サポートに強い機関となっています。子育て中の母親向けの「マザーズハローワーク」や35歳以下の若年者の就職支援に特化した「わかものハローワーク」等、利用者に合わせて非常に様々な種類のハローワークが運営されています。

ハローワークでは雇用の安定のために非常に様々なサービスを無償で提供していますが、主に以下のサービスが利用頻度の高い内容となっています。

ハローワークの主なサービス
  • 職業紹介を受けられる
  • 雇用保険に関する手続きが出来る

上記のハローワークのサービスについて詳しく解説していきます。

参照:厚生労働省「ハローワーク」

無料の職業紹介が受けられる

ハローワークでは無料で求人の紹介を受けることが出来ます。

ハローワークには地元の中小企業を中心に様々な求人を検索することが可能で、希望をすれば職業相談や求人の紹介を受けることが可能です。

正社員求人だけではなくパートタイムの求人等もそろっているため、自身の希望する働き方に合わせて求人を探すことが可能です。

無料のキャリア相談(キャリアコンサルティング)が可能

ハローワークでは無料のキャリア相談を受けることが可能です。

職業紹介・求人紹介に紐づいたキャリア相談だけではなく、自己理解や職業理解を促すためのキャリアコンサルティングも可能なため、利用することでキャリア設計の再構成をすることが可能です。

また、専門実践教育訓練給付金という資格取得費用の一部の助成を受けるための手続きのひとつとして、「訓練前キャリアコンサルティング」を受ける必要があります。

「訓練前キャリアコンサルティング」はハローワーク以外でも可能ですが、ハローワークであれば専門実践教育訓練給付金は雇用保険に関する手続きとキャリコン申し込みを同時に行えるため、スムーズに進めることが可能です。

>>ハローワークのキャリア相談はコチラで詳細を解説

雇用保険に関する手続きが出来る

ハローワークでは、雇用保険に関する手続き全般を行うことが出来ます。

失業認定の手続きや雇用保険による失業給付の支給手続き、希望する人は職業訓練の受講手続きを行うことも可能です。

雇用保険は労働者が失業した際に機能するセーフティネットのひとつで、失業の認定や給付の受給手続き、再就職の支援まで一貫して行う点がハローワークの特徴といえます。

特に「会社都合退職」によって失業状態の人はスピーディな失業手続きが必要なるため、まずはハローワークに行くとよいでしょう。

ハローワークのキャリア相談(キャリアコンサルティング)とは

ハローワークでは、単に求人の検索や失業給付の手続きを行えるだけではなく、キャリアコンサルティングをはじめとしたキャリア相談を無料で受けることが出来ます。

ハローワークで受けられるキャリアコンサルティングでは、これまでの職業経験の棚卸を行うことで、自身の強みや志向、課題等を整理することが可能です。キャリコンサルティングを受けることが、取り組むべき課題が明確になるので、「どんな仕事に就けばいいか分からない」「スキルアップしたい」と考えている人には特に最適なサービスと言えます。

専門家によるキャリアコンサルティングを受けることで、自身の職業選択や能力開発における適切なアドバイスがもらえるので、ハローワークを利用する際には積極的に活用するとよいでしょう。

参照:厚生労働省「公共職業安定所(ハローワーク)の主な取組と実績」

ハローワークのキャリア相談(キャリアコンサルティング)を受ける流れ

ハローワークで行われるキャリアコンサルティングは、キャリアコンサルタントとの面談を通して以下の流れで行われます。

キャリアコンサルティングの流れ
  1. キャリアの棚卸を行い自己理解を深める
  2. 転職市場や企業の求人情報などの提供を受けて仕事理解を深める
  3. キャリアプランや能力開発の計画を立てる
  4. 計画に基づいた転職活動・職業訓練の実施

上記はあくまで基本的な流れとなるので、状況に応じて手順は変わることがあるので注意しておきましょう。

キャリアの専門家によりキャリアコンサルティングを受けることで、転職活動や能力開発が促進され、より良いキャリア形成が可能なることが期待できます。

ハローワークのキャリア相談を利用するメリット

キャリア相談をしたい場合、転職エージェントやキャリアコーチングサービス、個人のキャリアコンサルタント等、様々なサービスを利用することが可能です。

そこで、ここではハローワークのキャリア相談(キャリアコンサルティング)を利用するメリットに解説していきます。

ハローワークのキャリア相談(キャリアコンサルティング)を利用するメリットは、主に以下が挙げられます。

ハローワークのキャリア相談(キャリアコンサルティング)を利用するメリット
  • 無料で利用することが出来る
  • 求人の紹介を受けることが出来る
  • 失業給付や職業訓練の手続きがスムーズ

上記のメリットについて詳しく解説していきます。

無料で利用することが出来る

ハローワークのキャリアコンサルティングを利用する最大のメリットとして「無料で利用できる」という点が挙げられます。

キャリアコーチングサービスやキャリアコンサルタントにキャリア相談を行う場合は、1回5000円~10,000円程度の費用が必要になるのが一般的です。ですが、雇用のセーフティネットに位置づけられるハローワークでは、利用できる種々のサービスは基本的に全て無料で利用が可能です。

ただし、転職エージェントでも無料でキャリア相談を行うことは可能ですが、ビジネスモデル上、利益合判になるケースも有るので、注意をしておく必要があります。

そのため、「費用をかけずにキャリア相談をしたい」と考えている人はハローワークの利用を検討するとよいでしょう。

求人の紹介を受けることが出来る

ハローワークでは基本的に「求職者が利用」することが前提となります。そのため、キャリアコンサルティングと並行して求人紹介を受けることが出来ます。

キャリアコンサルティングを通して整理した自身の経験や強みを活かした求人を、ハローワークに登録されている求人から紹介を受けることが出来るのでスムーズに転職先を探すことが可能になります。

ただし、ハローワークで紹介される求人は限定的になるので、広い選択肢を持ちたい人は転職エージェントにも登録して就職活動をするとよいでしょう。

失業給付や職業訓練の手続きがスムーズ

前述したように、ハローワークでは雇用保険に関する諸手続きを行うことが可能です。そのため、キャリア相談と並行して失業給付の手続きを行いたい人には大きなメリットがあるといえます。

また、キャリアコンサルティングを通して明確になった課題や伸ばしたいスキルについて、該当する職業訓練が実施される予定の場合、スムーズに受講申し込みを行うことが出来ます。

そのため、キャリアコンサルティングと並行して各種手続きを行いたい人には、ハローワークのキャリア相談(キャリアコンサルティング)がオススメといえるでしょう。

ハローワークのキャリア相談の注意点

ハローワークのキャリア相談は賢く活用することで転職活動を円滑にすることが可能ですが、利用にあたってはいくつか注意点があります。

ハローワークを利用する際の注意点は以下の通りです。

ハローワークのキャリア相談(キャリアコンサルティング)の注意点
  • 求職申し込みが必要
  • 担当する相談員やキャリアコンサルタントを選べない
  • 紹介される求人は地元の中小企業が多い

上記の注意点はハローワークが雇用のセーフティネットとしての役割を担っている以上、避けようのないものといえるものばかりです。以下に詳しく解説していきます。

求職申し込みが必要

ハローワークでキャリアコンサルティングや職業紹介を受けるためには、基本的に「求職申込の手続き」を行うhいつ用があります。そのため、キャリアコンサルティングを利用する際は、仕事探しとセットになることに注意をしておく必要があります。

キャリア相談・キャリアコンサルティングは、キャリアの棚卸を通して自身の強みや将来設計を行うことであり、本来は必ずしも職業選択と紐づくものではありません。しかし、公共職業紹介所であるハローワークの性質上、利用のためには求職申し込みをしなければなりません。

もしも、「転職の予定は無いがキャリア相談をしたい」と考えている場合は、有料のキャリア相談・キャリアコンーチングサービス等を利用するとよいでしょう。

担当する相談員やキャリアコンサルタントを選べない

ハローワークの職業相談員やキャリアコンサルタントは、一人ひとりのプロフィールを事前に見れるケースは少なく、担当者のレビュー等も確認できません。

そのため、自身と相性がよくない担当者と面談をすることになる可能性もある点に注意が必要です。

職業相談やキャリアコンサルティングは自身と担当者との相性も非常に重要な要素となるので、「上手くキャリアの整理が出来ない」「相性がよくないな」と感じたら担当者変更を申し出るとよいでしょう。

紹介される求人は地元の中小企業が多い

ハローワークの持つ役割の一つとして「人手不足の中小零細企業の雇用対策」があります。

そのため、ハローワークに掲載される求人はどうしても「地元の中小企業」の求人の割合が多くなります。職種としては、医療・福祉関連職や飲食店の求人等が多く、大企業やIT企業の求人は決して多くありません。

もし転職の際に「より多くの求人の選択肢が欲しい」と考えている場合は、ハローワークだけではなく転職エージェントにも登録したうえで就職活動を行うとよいでしょう。

ハローワークのキャリア相談に関するよくある質問

ここではハローワークで実施しているキャリア相談(キャリアコンサルティング)について、よくある質問に対して回答していきます。

ハローワークのキャリア相談(キャリアコンサルティング)は無料で受けられるのですか?

完全に無料で利用することが出来ます。ただし、基本的に求職申し込みの手続きが必要になるので、転職の意思がない場合は有料のキャリア相談サービス等の利用も検討するとよいでしょう。

ハローワークのキャリア相談ではどんな話が出来ますか?

基本的に就職に関する相談が中心となります。求人の案内をはじめ、キャリアの棚卸による自己理解の促進、能力開発計画を含むキャリアプラン設計の支援等を受けることが可能です。

キャリアコンサルタントの指名は出来ますか?

ハローワークのキャリア相談においては、キャリアコンサルタントの指名が出来ないケースが多いようです。ただし、ハローワークによっては対応が異なる可能性があるので、気になる方はも良いのハローワークへお問い合わせください。

民間企業の有料キャリア相談サービスを利用すれば、相談相手を自身で選んで指名できるケースも有るので、相談したい内容や状況に応じて適切なサービスを選択しましょう。

>キャリア相談とは?メリットや転職エージェントとの違いはコチラで解説

キャリアコンサルティングはどのような場合に必要ですか?

専門実践教育訓練給付金の支給を受ける場合、訓練前キャリアコンサルティングを受けることが必須条件となります。これは資格取得をはじめとしたスキルアップの機会を、どのようにキャリア設計に活かすのかを明確にしていくためです。

訓練前キャリアコンサルティングはハローワーク以外でも受けられますが、専門実践教育訓練給付金の支給手続きはハローワークで行うので、まとめて手続きをした方がスムーズでしょう。

ハローワークのキャリア相談まとめ

ハローワークでは無料のキャリア相談(キャリアコンサルティング)を利用できるだけではなく、雇用保険に関sる様々な手続きを行うことが可能です。

ただし、紹介される求人は限定的であることや、事前にキャリアコンサルタントの評判が確認できないなどのデメリットもあるので注意が必要です。

ハローワークのキャリアコンサルティングを上手に活用して、自身のキャリア設計や転職活動に活かしていきましょう。

>キャリア相談なら「キャリアバディ」

キャリアの専門家を検索可能!

ハローワークのキャリアコンサルティング(キャリア相談)を解説

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしてもらえると嬉しいです!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次