栄養士におすすめの転職サイト11社を比較!転職エージェント選びのコツや注意点も解説

栄養士におすすめの転職サイトはどこ?エージェント選びのコツについても解説
  • URLをコピーしました!

栄養士として転職活動をしている人は、周囲の人がどのような基準で転職サイトを選んでいるか気になる人も多いのではないでしょうか。

実は、栄養士の転職サイトは似ているようで特徴が異なります。間違った選び方をしてしまうと、ミスマッチの原因になるため、しっかりとあなたに合った転職サイトを選ぶことが重要です。

とはいえ、数多くある転職サイトから自分自身に合った転職サイトを見つけるのは難しいと感じる人もいると思います。

そこで、当記事ではあなたに合った最適な転職サイトの見分け方について、栄養士に特化した転職サイトを比較していきます。転職サイトの賢い使い方も解説していきますので、ぜひ参考にしてください。

栄養士の転職サイトについて本記事で分かること
  • おすすめの転職サイトの特徴
  • 各転職サイトの特徴
  • 迷ったらまずは栄養士人材バンクに登録!

転職サイトの特徴を一覧比較

目次

栄養士が転職サイトを選ぶ際のポイント

栄養士が利用する転職サイトは選択肢が多いため、どのサービスを利用するか迷う人も多いでしょう。

知名度で選んでいる人も多いと思いますが、転職サイトの選び方を間違えると転職先を妥協することにも繋がります。

ここでは、栄養士が転職サイトを選ぶ際のポイントを解説していきます。

栄養士に特化しているサイトを選ぶ

転職サイトは数多くありますが、栄養士に特化した転職サイトを利用することをおすすめします。

というのも、栄養士は専門職であることから総合転職サイトには求人数がとても少ないことが挙げられるからです。

たとえば、大手総合転職サイトであるdodaで「栄養士」と検索をすると2024年1月時点で公開求人が583件なのに対して、栄養士特化サイトである栄養士ワーカーは3,596件という結果になります。

件数が多いからといって必ずしも、良い求人ばかりというわけではありません。

しかし、地方への求人数や条件の選択肢として幅が多い点を考慮すると栄養士として働きたいなら栄養士に特化した転職サイトがおすすめです。

ただし、栄養士として食品メーカーや一般企業に勤めたいと考えている人であれば総合転職サイトも検討する必要があります。

なぜなら、栄養士に特化した転職サイトでは、病院や福祉施設などの専門的な職場に関しては多くの求人がありますが、一般企業の求人は委託給食会社がほとんどだからです。

とはいえ、栄養士の職場の多くが専門職としての採用をしているため、まずは栄養士に特化した転職サイトに登録することをおすすめします。

求人を比較する

転職サイトを選ぶ際には、求人数を確認して自分が希望する地域や施設がしっかりあるか確認することが重要です。

求人数のチェックすべきポイントとしては以下の通りです。

求人数のチェックポイント
  • 働きたい地域の求人数は充分か?
  • 希望施設の求人数も要チェック

働きたい地域の求人数は充分か?

働きたい地域が決まっているのであれば、まずその地域の求人がどれくらいあるかを転職サイトの検索機能で確認してみましょう。

どの転職サイトでも、希望する都道府県の求人を確認することができます。

転職サイトによって掲載されている求人数は異なるため、あなたが希望する地域に多くの求人がある転職サイトを見つけることが大切です。

転職サイトが力を入れている地域によっては、病院や福祉施設、保育園の求人数に影響してきます。

そのため、事前に希望する地域に注力しているサイトなのかを調べておくことで、あなたに合った条件の求人を多く選ぶことができます。

サイト内検索する際に、どの転職サイトも関東圏はサービスの対象となっていますが、一部のサイトでは関東圏や一都三県のみのサポートをしている転職サイトも存在します。

公開求人が掲載されていない場合、直接問い合わせをしてみるのも良いでしょう。

必ずしも公開求人がなかったからと言ってサービスの対象外ということはありません。

公開求人はなかったとしても、非公開求人は複数ある場合もありますので、どうしても気になる転職サイトがあれば、試しに登録してみて地域を確認してもらいましょう。

希望施設の求人数も要チェック

転職の際に希望の施設の求人数をチェックしておくことで、スムーズにキャリアアドバイザーからあなたの転職条件に合った求人を紹介してくれます。

栄養士の転職サイトは、似ているようでそれぞれ強みのある業界や特徴が異なります。

しかし、扱っている業界自体は限定的で多くが病院や福祉施設、保育園の求人が中心です。

施設は地域によっても異なるため、希望する地域によって求人数が変動します。

地方であるほど求人数は限られてくるため、一つひとつの転職サイトの求人数を確認し、自分に合った転職サイトを見つけることが重要です。

とはいえ、すべての転職サイトを確認するのは大変という人も多いと思います。

求人の豊富さで選ぶなら「栄養士人材バンク」がおすすめ

求人数が多ければ良いわけでもありませんが、時期を問わず安定して多くの求人が掲載されている転職サイトであれば、栄養士人材バンクがおすすめです。

栄養士人材バンク(エイチエ)では1年を通して安定した求人を掲載しているため、迷ったらまず栄養士人材バンクに登録しておくと良いでしょう。

自分が働きたい地域と希望施設が決まっているのであれば、自分に合った転職サイトを選ぶことが、転職活動を有利に進めることがポイントになります。

「有名だから」「検索で一番上にあったから」と安易に選んでしまう人も多いですが、しっかりと下調べをすることで、条件に合った求人を多く紹介してもらえます。

栄養士にオススメの転職サイト11選の比較一覧表

ここでは、栄養士にオススメの転職サイトを紹介していきます。

以下の一覧表では、それぞれの転職サイトごとに「特徴」や「栄養士の求人件数」の視点で比較していますので、就職活動中の栄養士の方は是非確認ください。

スクロールできます
転職サイト名特徴求人件数(2024年1月21日調査)
栄養士人材バンク栄養士の求人数トップクラス非公開
※エイチエ内33,164件
栄養士ワーカー栄養士の求人数が多く書類作成も容易10,309件
ジョブメドレー自分のペースで転職活動できる13,081件
レバウェル栄養士求人の情報量が多い67件
栄養士転職ナビ年間10,000人以上のサポート実績10,685件
マイナビコメディカル医療業界の転職コンテンツ充実している2,921件
栄養士のお仕事応募前から職場の様子がわかる非公開
Dietitian job実務経験のあるカウンセラーが対応非公開
栄養士・天職エージェント丁寧なサポート非公開
リクルートエージェント豊富な転職支援実績1,658件
doda転職コンテンツが豊富583件
栄養士向け転職サイトおすすめ11社の特徴比較表

上記の転職サイトについて、それぞれの特徴や強みを解説していきます。

栄養士人材バンク

栄養士人材バンクの基本情報は以下のとおりです。

サイト名栄養士人材バンク
運営会社株式会社エス・エム・エス
対応エリア全国
対応可能時間9:30~20:00
公開求人数非公開
サイトURLhttps://ejb.eichie.jp/

栄養士人材バンクは栄養士に特化した転職支援サービスで、プライム市場上場の株式会社エス・エム・エスが運営しています。

栄養士人材バンクでは、転職のプロとしてキャリアパートナーが求職者に対して丁寧に転職のサポートをしてくれます。

栄養士コミュニティサイトとして有名な「エイチエ」も同じ株式会社エス・エム・エスが運営しており、エイチエ内では様々な求人を検索可能です。

転職支援サービスとして栄養士人材バンクを利用し、栄養士の情報や求人を自分でも探したい人にはエイチエを利用するなど、用途に分けて使い分けしましょう。

エイチエの求人掲載件数は30,000件以上

栄養士人材バンクの強みは求人数が豊富であることです。

栄養士人材バンクの公式サイト内では求人自体は非公開ですが、平行して運営しているエイチエというサイト内での栄養士の求人は30,000件以上あり、本記事で紹介する栄養士向け転職サイトの中でも最大規模を誇ります。

求人数が豊富であるメリットとしては、紹介してくれる求人が多くなることです。逆に、求人数が少なければその分、条件に合った求人も減ることになり紹介が難しくなります。

キャリアパートナーが転職活動をサポート

栄養士人材バンクのキャリアパートナーは、求職者が転職に慣れていなくても丁寧にサポートをしてくれます。

さらに、栄養士人材バンクキャリアパートナーと面談をすることで、考えもしなかった新たな提案もしてくれるかもしれません。

また、栄養士人材バンクは、求人が豊富な分、条件に合った求人を紹介を受けられる可能性が高いといえるでしょう。

求人数がすくない転職サイトの場合は、条件が合わない求人の紹介をすることもありますが、栄養士人材バンクでは求人数が多いことから希望に近い求人を見つけられる可能性が高いといえるでしょう。

このように、栄養士人材バンクでは求人が豊富なことを強みに、求職者が求める条件を適切に紹介求人に反映してくれる転職サイトです。

栄養士ワーカー

栄養士ワーカーの基本情報は以下のとおりです。

サイト名栄養士ワーカー
運営会社株式会社トライト
対応エリア全国
対応可能時間登録から即日対応
公開求人数10,309件
サイトURLhttps://eiyoushi-worker.com/

栄養士ワーカーは株式会社トライトが運営する栄養士に特化した転職サイトです。

医療業界を中心に病院・クリニック、福祉施設、保育園などの仕事に興味がある人におすすめの転職サイトです。

サポートも専任のキャリアアドバイザーの差オートを受けられるため、慣れない転職活動でも安心して行うことができます。

サポート内容としては、求職者へのヒアリングから転職条件を伝えたあとに条件に合った求人をLINEで送ってくれます。

その中から良い職場が見つかったら詳しい話をキャリアアドバイザーに聞いてみましょう。

キャリアアドバイザーは職場の詳しい情報を調べてくれるため、あらかじめ聞いておきたい項目をピックアップしておくことでスムーズに調べてもらえます。

LINEに送ってくれている職場とキャリアアドバイザーは連絡を取り合っているため、施設のホームページよりも現場に近い回答を教えてくれます。

うまくサービスを利用することで、他の求職者よりも有利に転職活動をすすめましょう。

栄養士の求人が豊富

栄養士ワーカーは、栄養士の求人数が多いことが特徴です。

栄養士に特化した転職サイトで求人の多いサイトは沢山ありますが、その中でも栄養士ワーカーの公開求人数10,000件を超えており、非常に多くの求人情報を持っている転職サイトといえます。

転職サイトにとって求人数が多いことはとても大事なことなので、どのサイトが良いかわからない場合は、求人数を選ぶ際の基準のひとつにすると良いでしょう。

転職活動の役立つ情報を得られる

栄養士ワーカーの転職サイトでは、転職に関する様々な情報を得ることが可能です。

たとえば、履歴書の書き方として「完全マニュアル」「良い例・悪い例」「志望動機文例」などがあります。

その他、職務経歴書では職務経歴書の書き方やケース別での職務経歴書の書き方など細かく説明されています。

キャリアアドバイザーにサポートを受ける前にあらかじめ書類を作成すれば、最短で転職することができますので、転職サイトを確認しながら書類作成ができるのも栄養士ワーカーを利用するメリットです。

ジョブメドレー

ジョブメドレーの基本情報は以下のとおりです。

サイト名ジョブメドレー
運営会社株式会社メドレー
対応エリア全国
対応可能時間登録から即日対応
公開求人数13,081件
サイトURLhttps://job-medley.com/

ジョブメドレーは株式会社メドレーが運営する医療業界に特化した転職サイトです。

栄養士に特化しているわけではなく、職種を問わず医療業界全般の求人がある点が特徴です。

栄養士に特化しているわけではありませんが、求人数は申し分なく、13,000件を超える求人が掲載されています。

他の転職サイトと異なる部分は、キャリアアドバイザーが専任担当として付かないことです。

ジョブメドレーの基本的な使い方は、ジョブメドレーの公式サイトから気になる求人を探し、求人に応募すると事業所から返答が来るという仕組みになっています。

キャリアサポートとして、相談してくれるスタッフはいますが、進捗状況の確認や求人の紹介などがメインであり、1から10までサポートしてもらえるようなものではありません。

そのため、転職初心者でなにから手を付けたらよいかわからない人にはハードルが少し高めです。

しかし、担当が付かないことでのメリットとしては、自分のペースで転職活動ができることが挙げられます。

キャリアアドバイザーからサポートを受ける場合、電話対応や日程の調整などその都度おこなう必要があります。

そのため、指示を受けながら転職活動を進めるのが苦手な人は、ジョブメドレーの利用も検討するとよいでしょう。

自分のペースで転職活動できる

ジョブメドレーは、専任のキャリアアドバイザーがいないので自分のペースで転職活動を実施することができる点が強みです。

そのため、じっくり転職条件を考えながら良い求人に応募することができます。

専任のキャリアアドバイザーはいませんが、キャリアサポートをしてくれるスタッフはいます。

サポート内容としては以下のとおりです。

ジョブメドレーのサポート内容
  • 求職者からの相談を承る
  • 求職者への応募や面接を促す
  • 求職者への面接後の進捗確認
  • 選考関係のトラブル対応

対応としては最低限のサポートになりますので、マイペースで転職活動ができる分、自分でスケジュール管理をしていくことが大切です。

たとえば、他の転職サイトのキャリアアドバイザーは、上記に加え履歴書や職務経歴書の添削や面接対策、条件交渉を行ってくれます。

ただし、他の転職サイトでは3ヶ月ほどで転職活動を完了を目指すところも多いため、時間をかけて転職活動をしたい場合、ジョブメドレーが良いでしょう。

その他のサービスとしてジョブメドレーにはスカウトサービスもあります。

スカウト経由で応募する場合、採用率が1.7倍になるため気になる方は登録してみることをおすすめします。

ジョブメドレーを利用する人は今すぐに転職したいというより、3ヶ月以上転職市場を観察して自分に合った転職先を見つけたい人におすすめの転職サイトです。

レバウェル栄養士

レバウェル栄養士の基本情報は以下のとおりです。

サイト名レバウェル栄養士
運営会社レバレジーズメディカルケア株式会社
対応エリア全国
対応可能時間登録から即日対応
公開求人数67件
サイトURLhttps://levwell.jp/profession/rd/

レバウェル栄養士はレバレジーズメディカルケア株式会社が運営する栄養士転職サイトです。

医療・介護・ヘルスケアと栄養士が関わる分野を幅広く紹介してくれます。

幅広く求人を紹介していますので、まだどの施設に転職をするか決まっていない人でもキャリアアドバイザーに相談することでプロの目線から適切な職場を案内してくれます。

転職初心者でも段取りを立ててスケジュールを作成してくれるため安心です。

公開求人は2024年1月時点で67件と少なく、希望する地域が公開求人に掲載されていないことがありますが、非公開求人は多数あるため担当に確認してもらいましょう。

求人ページの情報量が多い

レバウェル栄養士の転職サイトは掲載されている求人ページ内のの情報量が多く、求職者が求めている情報が多く掲載されています。

実際の職場の写真はもちろん、実際に働く職員の入職理由や働いてみての感想などが載せられているため、これから転職活動を始める人にとってはとても参考になる情報が詰まっています。

しかし、公開されている求人数は少ないため、自分が気になっている業界を調べて参考にしましょう。

非公開求人は多数あるため、キャリアアドバイザーに希望の地域を探してもらうことで、自分に合った職場の詳細情報を教えてもらえるため、まずは登録して相談してみることをおすすめします。

レバウェル栄養士の転職サイトでは、その他の機能としてスカウトサービスがあります。

栄養士向け転職サイトはスカウトサービスを採用しているところが少ないため、登録しておくことで希望している業界からのスカウトがあるかもしれません。

スカウトサービスの特徴は、匿名としてプロフィールや転職条件を登録することで、気になった事業所からスカウトメールが届くようになります。

実際の事業所とメッセージをやり取りできるので気になる職場があれば、メッセージのやり取りをして不安をなくしていきましょう。

レバウェル栄養士では、転職サイトで職場の情報を隙間時間を利用して検索しつつ、転職のサポートを受けたければ、キャリアアドバイザーに相談をし、何もしていないときでもスカウトメールで転職活動の対策をすることができます。

そのため、1つの転職サイトで多くのサービスを利用したければ、レバウェル栄養士がおすすめです

栄養士転職ナビ

栄養士転職ナビの基本情報は以下のとおりです。

サイト名栄養士転職ナビ
運営会社株式会社プレアデス
対応エリア全国
対応可能時間登録から即日対応
公開求人数10,685件
サイトURLhttps://eiyoushi-tensyoku.com/

栄養士転職ナビは株式会社プレアデスが運営する栄養士に特化した転職サイトです。

転職支援はもちろん、サイト内のコラムが充実しているため、転職活動の情報収集をはじめ、栄養士の働きなどを参考とすることができます。

とくに、栄養士ならではの悩みに関しては、実際に働いている人にしかわからないことが多いため、実際に相談できる相手がいない場合も多くあります。

そんなときに、仕事や転職の悩み解決の糸口となる対処法がかかれているコラムもあるため、参考にしてみましょう。

実際に転職しようと考えたタイミングで、キャリアアドバイザーに直接アドバイスをもらうことで、より実践的に動くことができます。

そのため、コラムを利用して基礎知識や悩みを解決しながら、転職に関する具体的な悩みは、キャリアアドバイザーのサポートを利用することで、他の求職者に差を付けることができます。

そのため、転職ナビはサイト内で転職を学びつつ、キャリアアドバイザーに自分に合った転職方法を教えてもらいたい人におすすめです。

年間1万人以上のサポート実績

栄養士転職ナビは、年間1万人以上の管理栄養士・栄養士をサポートをしていることが強みです。

そのため、キャリアアドバイザーも栄養士の転職市場にとても詳しいため、転職初心者の人でも安心してサポートを任せることができます。

転職初心者に何から始めればよいのかわからない人も多い中で、栄養士転職ナビのキャリアアドバイザーは、求職者の情報をヒアリングし、次に何をしたらよいか指示をしてくれます。

1人で転職活動をする場合、自分のペースで行ってしまうことが多いため、時間がかかる人も多いでしょう。

しかし、キャリアアドバイザーは何をすればよいか伝えるのと同時にスケジュールも作成するため、着実に転職できるように導いてくれます。

そのため、短期間で確実に転職をしたいという人におすすめできる転職サイトです。

実績豊富なキャリアアドバイザーのアドバイスを貰いながら、転職スキルも上げてより良い職場探しをしましょう。

マイナビコメディカル

マイナビコメディカルの基本情報は以下のとおりです。

サイト名マイナビコメディカル
運営会社株式会社マイナビ
対応エリア全国
対応可能時間登録から即日対応
公開求人数2,921件
サイトURLhttps://co-medical.mynavi.jp/

マイナビコメディカルは株式会社マイナビが運営する職種問わず医療業界全般に特化した転職サイトです。

栄養士に特化しているわけではありませんが、栄養士に絞った求人数に問題ありません。

マイナビコメディカルのキャリアアドバイザーは医療業界に特化しているため、業界知識を豊富に持っています。

そのため、医療業界の知識がまだなくても、担当キャリアアドバイザーに相談することで業界全体の知識を付けることもできます。

たとえば、今まで委託給食会社で働いていたけど、直営の病院に転職したい場合でも、どんなスキルが必要なのか、仕事内容はなにが違うのかなどを丁寧に教えてくれます。

今まで、医療業界で働いていたとしても施設が異なれば環境や仕事内容が変わってくるため、内容を詳細まで理解してから転職活動するのにも役立てることができます。

これらのことから、マイナビコメディカルは医療業界に転職する際に、さらに詳細な仕事内容や条件などを調整したい人におすすめです。

医療業界の転職コンテンツが充実している

マイナビコメディカルは転職コンテンツが充実していることが強みです。

キャリアアドバイザーによる転職支援はもちろんですが、それ以外にも以下のような様々なサービスを展開しています。

マイナビコメディカルの転職支援サービス
  • 転職支援情報が充実
  • 転職相談会を開催
  • 学生の就活から40~60代のミドル・シニアの転職求人もある

マイナビコメディカルのサイト内では転職に関するコラム記事が掲載されています。

そのなかには、転職ノウハウのコラムや実際に働いているっ人たちにインタビューしている記事もあります。

いずれも、転職する際に必要になってくる情報なので、予め読んでおくことで今後の転職活動のイメージがしやすくなるでしょう。

また、同じページ内に転職相談会の開催を案内しています。

相談会の内容は転職相談はもちろん、キャリアアップや年収アップ、施設、職種別での相談会が用意されています。

基本的には会場に行くことになりますが、WEB相談会もあるため遠方で行けないという人も安心です。

さらに、マイナビコメディカルの対象者は幅が広く、学生から40〜60代の人でも求人があります。

ただし、ミドル・シニアの求人の場合、20代のような専門職としてではなくサポートのような求人が多いようです。

とはいえ、正社員の求人もあるため一度相談してみるのが良いでしょう。

栄養士のお仕事

栄養士のお仕事の基本情報は以下のとおりです。

サイト名栄養士のお仕事
運営会社株式会社トライト
対応エリア全国
対応可能時間平日10:00~20:45
公開求人数2,260件
サイトURLhttps://eiyoushi-shigoto.com/

栄養士のお仕事は株式会社トライトが運営する栄養士に特化した転職サイトです。

公開求人数は問題なく、多くの栄養士の求人が多数掲載されています。

非公開求人も多数存在し、求職者とヒアリングした後に条件に合った求人を紹介してくれます。

紹介した求人をキャリアアドバイザーに伝えることで、フルサポートで対応してくれるため安心です。

サポート内容としては、施設との面接の日程調整、面接に自信がない人に対しての面接フォロー、給与や条件の交渉などのサポートをしてくれます。

在職中の転職で普段忙しい人でも、上記のサポートを受けることで退職手続きの方法から、これから行う転職活動のスケジュール管理をしてくれるため、普段忙しい人におすすめの転職サイトです。

応募前から職場の様子がわかる

栄養士のお仕事は応募前から職場の様子がわかることが強みです。

担当のキャリアアドバイザーから転職条件に合う求人を紹介してもらい、気になる求人があったらその職場が普段どんな雰囲気の職場なのか聞いてみましょう。

通常、職場の雰囲気を知るためには実際にその職場で働いてみないとわかりません。

しかし、栄養士のお仕事のサポートの中には職場内の様子を教えてくれるサービスがありますので転職する前に職場内の雰囲気を知ることで、入職したときのギャップをできるだけ軽減することができます。

普段は、気になった施設の雰囲気を何社も確認することは難しいですが、施設と直接やり取りしているからこそできるサービスであるため、利用して自分に合う施設を探しましょう。

このサービスは、各施設の良いところだけではなく、悪いところや懸念するようなところも教えてくれるため、理想の転職先を見つけるために必要なサービスと言えるでしょう。

Dietitian job

Dietitian jobの基本情報は以下のとおりです。

サイト名Dietitian job
運営会社株式会社東洋システムサイエンス
対応エリア全国
対応可能時間平日9:00~18:00
公開求人数非公開
サイトURLhttps://eiyoushi-tensyokuagent.com/

Dietitian jobは株式会社東洋システムサイエンスが運営する栄養士に特化した転職サイトです。

サイト内では求人情報以外にも様々なコンテンツがあり、セミナーや働き始めてからのサポートに関する情報がまとめられています。

施設によっては、栄養士としての職種が1人の職場もあります。

その際に、情報共有できる場所がない場合、どうすれば良いのかわからないということも多くあります。

そんな人のために、Dietitian jobではセミナー・講座を開催や栄養士交流会を実施しています。

セミナーは1〜2回/月で実施されることが多く、内容としては栄養指導のような基礎的なことから訪問栄養士などの診療報酬を取り入れる際に必要な知識等のスキルアップの内容が中心です。

注意点としては、こちらのセミナーは有料で1,000円(税込み)かかるため、予め頭に入れておきましょう。

交流会は隔月でZoomで土曜、日曜に実施されることが多いため遠方であることが理由で参加できないという人でも安心です。

実務経験のあるカウンセラーが対応

Dietitian jobでは実務経験のあるキャリアアドバイザーがヒアリングしてくれるため、仕事内容や実務において学んでおくべきことなど、実践的な話を聞けることが強みです。

転職支援サービスにおいて、条件にマッチした求人の紹介や求人の質はとても重要ですが、栄養士の経験が少ない人にとっては実際に働いた場合、どのような仕事をすることになるのかが気になることが多いはずです。

条件は合っているけど、仕事内容に自信がない場合もありますので、そんなときは実務経験のあるキャリアアドバイザーに相談するのが効果的です。

実務経験のないキャリアアドバイザーの場合、仕事内容の概要については把握していますが、具体的な方法などは知らない場合がありますので、求職者のスキルにマッチしているか正確性に欠ける場合もあります。

そのため、実際に求人の質や条件に合った求人を紹介されたとしても、経験の少ない栄養士にとっては見かけだけでしか判断することができません。

しかし、Dietitian jobでは仕事内容について詳しく説明してくれるキャリアアドバイザーがいる環境なので安心して転職活動をすることができます。

栄養士・天職エージェント

栄養士・天職エージェントの基本情報は以下のとおりです。

サイト名栄養士・天職エージェント
運営会社株式会社アルスビジネスサポート
対応エリア全国
対応可能時間平日9:00~18:00
公開求人数非公開
サイトURLhttps://eiyoushi-tensyokuagent.com/

栄養士・天職エージェントは株式会社アルスビジネスサポートが運営する栄養士に特化した転職サイトです。

サイト内コンテンツではキャリアアドバイザーが記載した紹介記事やお役立ちコラムとして転職の基礎や栄養士のあるあるの記事が掲載されています。

記事数は多くはないものの、転職に必要な最低限の知識や働くうえで、どんな雰囲気であるかは感じ取れます。

求人数は非公開ですが、非公開求人や独自の求人を多数保有しているため、一度相談してみるのが良いでしょう。

転職になれていない人でも納得いくまで、キャリアアドバイザーに相談することができるため、わからないことが多い人ほどおすすめです。

丁寧なサポート

初めての転職や久しぶりの転職の場合、何から始めたらよいかわからない人も多いでしょう。

栄養士・天職エージェントでは、そんな人たとのために丁寧なサポートをしてくれるため不安な人にも安心です。

転職初心者にとっての転職活動は就職活動の時とは異なり、就職活動のときと同じような内容で書類作成や面接に挑んでもうまくいかないことが多いでしょう。

そのため、栄養士・天職エージェントのキャリアアドバイザーは、求職者に合った書類作成や面接対策をフルサポートしてくれます。

転職をする場合、周りの求職者との競争になるため、正しい方法で履歴書や職務経歴書を作成しなければ書類審査も通らないことも多いです。

面接では就職活動のときのように自分がやりたいことだけを施設に伝えても採用にはなりません。

しかし、そういったことも含めてサポートしてくれるため、転職初心者や久しぶりの天職で何をしたらよいかわからないという人におすすめです。

リクルートエージェント

リクルートエージェントの基本情報は以下のとおりです。

サイト名リクルートエージェント
運営会社株式会社リクルート
対応エリア全国
対応可能時間登録から即日対応
栄養士公開求人数/全体公開求人数1,658/364,076件
サイトURLhttps://www.r-agent.com/

リクルートエージェントは、株式会社リクルートが運営する総合転職サイトです。

公開求人・非公開求人共にトップクラスの求人数を誇ります。

専門職としての公開求人数は少なめですが、食品メーカーやドラッグストア等、栄養士としての知識を活かしつつ、営業や販売など汎用性の高いスキルを身に付けたい人におすすめの転職サイトです。

経験や実績も豊富なキャリアアドバイザーが多く在籍しているため、幅広く転職のサポートをしてくれます。

注意点としては、栄養士の仕事内容に関する知識がない可能性があることや対応が必ずしも平等にならないことです。

リクルートエージェントは総合転職サイトであるため、様々な職種の転職案件を抱えています。

そのため、栄養士に特化した転職サイトに比べて専門性は落ちます。

また、リクルートエージェントは知名度の退会転職エージェントのため、一人のキャリアアドバイザーが同時に何人もの求職者を担当している場合も多いようです。

その場合、年収に応じた報酬を企業から貰うことになっている性質から、転職の可能性が高い人や年収が高い職場に転職しそうな人を積極的にサポートする傾向があることも頭に入れておきましょう。

とはいえ、大手転職サイトから転職ノウハウを学べることは少ないので、まずは試しに登録してみることをおすすめします。

豊富な転職支援実績

栄養士として働きたいけど、医療業界には興味が無いという人は、転職支援実績が豊富であるリクルートエージェントをおすすめします。

リクルートエージェントは、転職者の多くが利用している転職サイトです。

多くの転職者が利用する理由は、とにかく求人数が多いことで、他の転職サイトで見たことのない求人が掲載されていることもよくあります。

求人数が多く、利用者に紹介する求人が増えることで転職支援の実績も多くなっています。

求人数の少ない転職サイトを利用する際には、必ず希望の業界や転職条件をキャリアアドバイザーに提示するため、自分の希望に合った求人が多く紹介されることはありません。

しかし、リクルートエージェントは非公開求人もトップクラスであるため、他の転職サイトに比べて紹介される求人が多くなる傾向があります。

また、サイト内コンテンツも充実しています。

実績のあるリクルートエージェントだからこそ案内できる、転職のケーススタディや転職ノウハウが多く記事として用意されています。

リクルートエージェントのコンテンツは参考になるものが多いため、登録をしたうえでさらに知識を付けることで転職初心者でも周りの求職者に差を付けることができるでしょう。

doda

dodaの基本情報は以下のとおりです。

サイト名doda
運営会社パーソルキャリア株式会社
対応エリア全国
対応可能時間平日10:00~22:00
栄養士公開求人/全体公開求人数583/233,549件
サイトURLhttps://doda.jp/

dodaはパーソルキャリア株式会社が運営する総合転職サイトです。

総合転職サイトの中でもリクルートエージェントに次いで求人数が多いことが特徴です。

病院や福祉施設の求人は少ないものの、食品メーカーなどの栄養の知識を活かした職場は豊富に揃っています。

dodaは求人数だけではなくサイト内コラムが充実しているため、基礎的な転職知識を身に付けることができます。

また、サイト内にある履歴書や職務経歴書のテンプレートを利用することで、ダウンロードもできるため、基礎知識を付けた後に書類の作成をするとスムーズです。

転職になれていないと、どのようなフォーマットにすればよいか迷いますが、dodaのサービスを利用すれば自分がアピールしたいことが記載されているフォーマットを選ぶだけです。

自己PRや志望動機の書き方がわからない人でも、書き方が書いてある記事があるため参考にしてみましょう。

転職コンテンツが豊富

dodaはサイト内コンテンツとして、転職に関する様々なコンテンツが豊富なことが特徴です。

診断ツールは以下のとおりです。

dodaの転職診断ツール
  • 年収査定
  • 人気企業300社の合格診断
  • レジュメビルダー
  • 自己PR発掘診断
  • キャリアタイプ診断
  • 転職タイプ診断
  • はたらく女性のためのモヤモヤ解消診断
  • オンライン仕事力診断

主に転職活動をする前に使用すると便利なツールが揃っているため、試しに利用してみるのも良いでしょう。

診断ツールを利用するためには登録をしなければ利用できないものもあるので、まずは登録する必要があります。

転職に不安がある人でも楽しみながら利用することも可能です。

時間のかかるツールもあるため、余裕のあるときに利用することをおすすめします。

就職活動が本格的になってきたら自己PR発掘診断やレジュメビルダーがおすすめです。

転職をする際に履歴書や職務経歴書の作成に不安がある人も多いでしょう。

そのときは、これらのツールを利用することで、多くのことが解決できます。

一度、ツールを利用しながら書類を作成してみて、キャリアアドバイザーに添削してもらいましょう。

このように、dodaはツールを駆使しながら転職活動をすすめていきたい人におすすめです。

栄養士以外の選択肢も検討したい人向け転職サイト

栄養士ではなく、一般職としての選択肢も視野に入れたい場合、リクルートエージェントdodaのような「大手の総合型転職エージェント」がオススメです。

自分の転職条件に合う求人を探し出すには多くの求人に目を通すことが重要ですが、求人数の少ない転職サイトの場合、いくらサービスやサポートが良くても紹介してくれる求人に限りがありますが、

しかし、リクルートエージェントdoda等の大手の総合型転職エージェントでは、多くの求人が掲載されており、キャリアアドバイザーはその多くの求人について特徴を把握しています。

自分に合った求人の内容を把握しているキャリアアドバイザーからその職場に転職する方法を直接聞くことが転職成功のカギです。

そのため、栄養士以外の一般職で転職を考えている場合、リクルートエージェントdodaのような総合型の転職エージェントを利用しましょう。

栄養士向け転職サイトの賢い活用方法

転職サイトを正しく利用できればスムーズな転職活動が可能です。

しかし、中にはうまく利用できないまま転職ができないという人も多いでしょう。

ここでは、転職サイトの賢い活用方法について解説していきます。

何となく転職サイトを利用している人はぜひ、参考にしてください。

転職サイトは必ず複数社登録する

転職サイトは必ず複数社登録することをおすすめします。

というのも、1社のみ利用している場合、タイミングにより求人数が少ない場合や必ずしも条件が合う求人ばかりではないためです。

求人や時期によってはあまり掲載されないことがあります。

求人が少ないタイミングでは、選択肢がないため転職条件を妥協しなければならないことも多いため、2〜3社は登録しておきましょう。

登録する基準は、こだわりがなければ公開求人が多いサイトに登録することをおすすめします。

複数社登録すれば、自分にとって相性の良い転職サイトを見つけることもできます。

相性の悪い転職サイトばかり利用して、それが当たり前になってしまうと、転職活動自体が面倒に感じてしまうことも多いので、自分に合った転職サイトを見つけるためにも複数社登録しましょう。

また、複数社登録するメリットとして、転職サイトの特徴を見つけることができます。

一見するとどの転職サイトも同じように見えますが、紹介してくれる求人やキャリアアドバイザーの質がわかるようになります。

転職サイトによって強みとしているところが違うため、一度利用してみないとわからないこともあるため気になるものから登録してみることをおすすめします。

スカウト機能の活用

転職サイトによってはスカウト機能を採用している転職サイトがあります。

スカウト機能を利用することにより、何もしていない時間でもプロフィールを読んだ事業所から直接連絡を受けメッセージのやり取りをすることができます。

スカウト機能があるにもかかわらず利用しないのは機会損失になっているので、利用している転職サイトでスカウト機能があるなら利用してみましょう。

注意点としては、事業所から興味があると思われるプロフィールの作成をしなければならないため、履歴書や職務経歴書とは違った難しさがあることです。

しかし、転職サイトによってはそこのフォローもしてくれます。

また、カウトがあった事業所の面接は内定率も高いと言っている転職サイトもあることから、スカウト機能を採用している転職サイトを利用している場合は、ぜひ活用してみましょう。

ちなみに、上記で紹介しているサイトでは、レバウェル栄養士とジョブメドレー、リクルートエージェント、doda、リクナビNEXTがスカウト機能を採用しています。

転職サイトから求人情報を収集し、キャリアアドバイザーに実際の転職支援を受けながら書類作成や面接対策をしている間に、スカウト機能を利用することで隙間時間をうまく利用することができます。

担当者との面談準備をしっかり行う

転職サイトに登録する前にしっかりと転職の準備をすることで、条件に合った求人の紹介をしてくれるようになります。

何をしたらよいかわからない人は以下を参考にしてください。

  • なぜ転職するか言葉で言えるようにしておく
  • 希望年収、通勤距離、業界等の転職条件を決める
  • 今までの経験の棚卸をしてできることを明確にしておく
  • どれくらいまでに転職しておきたいか考える
  • 職務経歴書がどんなものか理解しておく

転職サイトに登録するとすぐに連絡が掛かってくるか、平日であれば次の日には担当キャリアアドバイザーから連絡が入ります。

その際に上記のようなことを下準備しておくことで、どんな職場が良いか明確に伝えられるため、より自分に合った求人を紹介してもらいやすくなります。

もし、何も考えずにヒアリングで質問されるままに答えていったとしても、本当にその条件で良かったのか不安になることもあるため、しっかりと考えておきましょう。

職務経歴書に関しては、求人に応募する際に必要になってきます。

今まで、転職活動をしていない人にとって職務経歴書は馴染みのない書類であるため、そもそもどのような書類なのかもわからないでしょう。

そのため、すぐに書き出せるようにまたは、すでに書いておきキャリアアドバイザーにアドバイスを貰いながらブラッシュアップしていけると転職活動もスムーズです。

このように、面談をする前に準備をしっかりとしておくことで紹介してもらえる求人の質や転職活動がスムーズになります。

キャリアアドバイザーと相性が合わない場合は担当変更する

キャリアアドバイザーとの相性が合わない場合、担当を変更しましょう。

多くの転職サイトでは、キャリアアドバイザーが担当として付くことが多いですが、相性が合わないと転職活動に悪い影響を与える可能性があります。

キャリアアドバイザーとの面談では、転職条件や紹介求人について話をすることになります。

その際に「話が合わない」「説明した条件と違う求人を紹介される」等、しっかり伝えたにもかかわらず転職条件い合わない求人を紹介される場合は注意しましょう。

再度LINEで不満な点を伝え、話をすり合わせても改善されない場合、担当者を変更してもらう必要があります。

担当者に伝えるのが難しいと感じる場合もありますが、時間をかけて自分に合った転職サイトを見つけたので、担当者との相性だけで違う転職サイトを利用するのはもったいなです。

そのため、再度すり合わせをして改善しないことを伝えれば正当な理由になるため、担当者も納得して担当者を変更してくれるでしょう。

ただし、単純に条件に合う求人がそのタイミングでないだけの可能性もあるため、しっかりと話のすり合わせをしたうえで、改善が見られない場合に変更を伝えましょう。

直接伝えずらい場合は、問い合わせ窓口から連絡することをおすすめします。

いずれにしても、本当に相性だけの問題なのか、仕組みとしてそういうものなのか分からないことも多いと思いますので、まずは複数社登録してみて判断することをおすすめします。

栄養士の転職市場について解説

栄養士として転職活動を行う際は、業界内の転職市場についてしっかり把握しておくことが成功の秘訣です。ここでは栄養士の転職市場について詳しく解説していきます。

栄養士の求人倍率2.47倍

栄養士の求人倍率は2.47倍(令和4年度)です。

求人倍率の2.47倍という数字は栄養士の転職市場では募集している施設が多く、転職しやすい状態と言えます。

たとえば、100人の栄養士が求職中であれば、247件の募集をしている施設があるということです。

なので、求人倍率が高いタイミングで転職活動を行うことで、紹介求人の数や質が良くなります。

注意点としては、転職しやすいからと言ってなにも準備をしないと採用されないことです。

施設としては、人員補充をしたいと思っていますが、人材の質を落としたくないとも考えています。

質の低い人材を採用してしまうと、想定している教育コストを越えてしまうため、募集はしていても質を下げることはしないでしょう。

そのため、面接の際に職場に合わなさそうであったり、うまくコミュニケーションがとれなかったりする場合、採用を見送ることがあります。

転職しやすいタイミングであっても、転職先に失礼がないようにしっかりとした準備をすることで、内定率を上げることができます。

準備を全くしない場合、求人倍率が高くても採用されませんが、キャリアアドバイザーのアドバイスを聞きながら転職活動をすることで自然と内定がとりやすくなっているでしょう。

参照:厚生労働省「職業情報提供サイト」

栄養士の年収は?

厚生労働省の「令和4年賃金構造基本統計調査」によると、栄養士の平均年収は376万円となっています。

この年収376万円は管理栄養士と栄養士を合わせた統計データより算出している年収になりますので、実際の年収はもう少し下がる可能性があります。

しかし、転職をする際に376万円という数字を理解していれば、大きく転職市場から外れない年収になるため覚えておきましょう。

栄養士の年収は他の医療業界の職種に比べて低い傾向にあります。

ちなみに、看護師の年収は532万円です。

医療業界では夜勤勤務がある職種が多いため、年収が高くなりがちですが、栄養士は早番・遅番勤務はあるものの、夜勤のシフトはないため他の職種に比べると低くなっています。

夜勤のある職種に比べると年収は低いですが、長く働いていくためには無理なく働くことが大切です。

また、行政栄養士など働き続けることで、年収を上げて行ける職場もあるため、年収が気になる人は目指してみるのも良いでしょう。

栄養士は幅広い業界での仕事がありますが、その中だけでも年収の相場が異なるため、自分がやりたい仕事と年収を比べ、バランスの取れた職場を探しましょう。

参照:厚生労働省「令和4年賃金構造基本統計調査」

栄養士の主な就職先

栄養士は専門職ではありますが、転職先の幅が広いことが特徴です。

栄養士の主な就職先は以下のとおりです。

栄養士の主な就職先
  • 病院
  • 社会福祉施設
  • 一般企業
  • 学校栄養教諭
  • 行政

栄養士転職サイトの求人は、給食や健康に関する仕事をする施設がほとんどです。

仕事内容としては、病院では疾患に応じた病院食を作り患者に提供をします。

社会福祉施設では、低栄養にならないように献立に沿って食事を作成します。

病院ほどではないものの、疾患を持っている利用者には治療食の提供をすることもあります。

基本的に栄養士の職場では上記のように給食を作り提供することが多いですが、学校栄養教諭や行政栄養士のように地域の健康増進のために、働いている人たちもいます。

上記の就職先に興味が持てない人は、栄養士としての知識を活かして一般企業への就職・転職を目指すことも検討するとよいでしょう。

栄養士の基本的な業務は給食を作り、提供することですが、活躍できる業界の幅が広くやりがいを追求できることが特徴です。

そのため、栄養士に特化した転職サイトでは給食の提供を中心に仕事をしたい人が利用し、その他として、ドラッグストアや食品メーカーなどの一般企業に興味がある人は、総合転職サイトの使い分けをしましょう。

キャリアアップの為には管理栄養士取得がおすすめ

栄養士のキャリアアップには管理栄養士がおすすめです。

ここでは、栄養士が管理栄養士の資格を取得するために必要なことを解説していきます。

管理栄養士になるには?

栄養士から管理栄養士になるには必要な実務年数を積んだあと、管理栄養士国家試験に合格することで管理栄養士になることができます。

実務経験年数は卒業した栄養士養成施設の修業年限によって変わります。

実務経験の必要年数は以下を参考にしてください。

栄養士養成施設実務経験年数
修業年限2年3年以上
修業年限3年2年以上
修業年限4年1年以上

たとえば、2年制の専門学校や短大の場合、実務経験が3年以上必要です。

しかし、実務経験にならない職場もあるため、注意が必要です。

給食を提供している事業所であれば、実務経験になる可能性が高いですがそれ以外の場合、実務経験として認められないこともあるため、しっかりと職場に確認しておくことが重要です。

実務経験を積むことで管理栄養士国家試験の受験資格を得ることができます。

仕事をしながら試験勉強をすることになるので、合格するのは容易ではありませんが将来的にキャリアアップを目指したいのであれば、管理栄養士を取得するのが効率的です。

管理栄養士の取得難易度

栄養士から管理栄養士になるためには仕事をしながら勉強をして試験に合格する必要があります。

栄養士から働きながら試験に合格する場合の難易度は高く、第37回の管理栄養士国家試験の合格率は16.0%です。

ちなみに、4年制の管理栄養士養成課程の合格率は87.2%なので、働きながら試験勉強をするのが、どれほど難しいのかがわかります。

しかし、栄養士として働いていると給食経営管理論等の科目で実際の現場を経験しているため、イメージしやすいという利点もあります。

仕事をしながら勉強をするのは大変に感じると思いますが、管理栄養士を取得すると仕事の幅が増えるためキャリアアップが見込めます。

予めスケジュールを立て、モチベーションを維持しながら取り組みましょう。

栄養士がキャリアアップをするためには、管理栄養士の資格の取得が近道であるため、挑戦してみるのも良いでしょう。

参考:厚生労働省「第37回管理栄養士国家試験の結果について」

栄養士の転職に関するよくある質問

転職活動では必ず面接が実施されます。

面接に慣れない人の場合、周りの人がどんな疑問を持っているか知ることで、新しい気付きになることもあるでしょう。

ここでは、私が実際に転職希望者から面接や施設見学の際に頂いたよくある質問を紹介します。

栄養士として求められるスキルは何ですか?

栄養士に求められるスキルは、衛生管理とコスト管理、調理スキルがあります。

衛生管理では、安全な食事の提供をするために必要であり、コスト管理は予算に対して食材の価格や在庫が適正か把握しなければ発注ができません。

調理スキルがなければ給食が作れませんので、これらすべてできる必要はありませんが、どれか一つでもアピールできると良いでしょう。

具体的な業務はどのようなことをしますか?

給食を提供する施設の具体的な業務は、調理、発注、盛り付け、洗浄が最初の主な業務です。

施設からの転職であればどの業務も経験している可能性があるため、安心してください。

未経験の場合でも、1〜3ヶ月を目安に覚えることができる業務といえるでしょう。

月の平均残業時間はどれくらいですか?

月の平均残業は施設によって大きく異なります。

残業時間は求人表に記載されている場合もありますがあくまで目安であるため、あらかじめキャリアアドバイザーを通して調べてもらいましょう。

栄養士におすすめの転職サイトまとめ

栄養士にオススメの転職サイトは、働きたい地域の求人数と希望施設の求人数から調べて、自分の転職条件に合う求人が多い転職サイトを利用しましょう。

転職サイトのホームページを見るだけではわからない情報も、実際にキャリアアドバイザーと話をすることで、新たな気付きがでてきます。

施設への転職を検討している場合は、栄養士特化型の転職サイトを利用し、栄養士以外で転職を検討している場合は、総合型の転職エージェントを利用する等、状況に合わせて使い分けが重要です。

栄養士の求人倍率は2倍を超えており、転職しやすい市場といえるでしょう。

ただし、栄養士の年収は看護師等の医療職と比べると低い傾向にあるため、しっかりと求人の年収を調べて交渉をしていく必要があります。

どうしても納得いかない場合、キャリアアドバイザーに交渉をしてもらうか、将来的に管理栄養士を取得して長いスパンで年収を上げていくことをおすすめします。

栄養士として転職活動をする際は、自分に合った転職サイトを探して登録するところから始めていきましょう。

栄養士におすすめの転職サイトはどこ?エージェント選びのコツについても解説

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしてもらえると嬉しいです!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次