MS-Japanの評判は?管理部門や士業領域特化転職エージェントの強みを解説!

管理部門と士業特化の転職エージェント「MS-Japan」を徹底解説
  • URLをコピーしました!

MS-Japanは管理部門や士業に特化した転職エージェントです。

「経理部門」や「人事部門」等の企業のバックオフィス求人に強みを持った転職エージェントで、多くの企業の求人を扱っているため、管理部門に就職したい人におすすめの転職エージェントです。

本記事では、MS-Japanのメリット・デメリットや利用する際のコツについて解説していきます。

まずは登録して非公開求人の紹介を受けよう!

\ キャリアの悩みは専門家へ相談! /

キャリア相談とは?現役キャリコンが解説!

目次

MS-Japanとは?

MS-japanとは、管理部門や士業に特化した転職エージェントです。

経理や法務、税理士などの職種の専門特化型サービスとして、30年以上の実績があり、「管理部門・士業におすすめしたい転職サービスNO.1 ※」という調査結果も出ている転職エージェントです。

特化型の転職エージェントのため、バックオフィスの求人が豊富で、非公開求人も多数保有しています。

また、領域に特化しているからこそ、担当キャリアアドバイザーの専門知識が豊富で頼りになる点も大きな魅力といえます。

※参照:MS-Japan公式HP(日本マーケティングリサーチ機構調べ 2023年度ブランドのイメージ調査より)

MS-Japanのメリット

ここでは、MS-Japanを利用するメリットを紹介していきます。

管理部門特化型転職エージェントであるMS-Japanには以下のメリットや強みがあります。

MS-Japanのメリット
  • 士業や管理部門特化型なので関連求人数が業界最大級
  • 士業・管理部門の職種に精通したアドバイザーが在籍
  • 30年以上の運営実績
  • 限定非公開求人が多数
  • 取扱求人の年収アベレージが高い

上記のメリットについて詳しく解説していきます。

士業や管理部門特化型だからこそ関連求人数が豊富

MS-japanのメリット一つ目は、士業・管理部門関連求人数が非常に豊富な点です。

管理部門に特化した転職エージェントとして運営していく中で、これまで上場企業の70%以上にあたる2,600社から募集依頼を受けてきた実績があります。

求人数が多いということは、それだけ希望条件に合った求人に出会える可能性の高さにも結び付くので、転職サービスを選ぶうえで非常に重要な項目です。

また、それだけの求人を獲得していることが、企業と転職エージェントとの信頼関係やネットワークの証明にもなるといえるでしょう。

したがって求人数の部分に強みがあるのは大きなメリットだと言えるでしょう。

士業・管理部門の職種に精通したアドバイザーが在籍

MS-Japanの担当キャリアアドバイザーは士業・管理部門の転職に精通しており、利用者にとっては大きなメリットといえるでしょう。

総合型の転職エージェントの場合、キャリアアドバイザーは幅広い職種や業種の求人を取り扱う必要があります。そのため、どうしても知識が広く薄いものとなってしまいがちです。

士業や管理部門など、専門性の高い職種を希望して総合型転職エージェントを利用した経験がある人は、キャリアアドバイザーと話がかみ合わなかった経験もあるのではないでしょうか。

その点、MS-Japanは特化型転職エージェントのため、各キャリアアドバイザーが業界に精通しています。

実際の現場での働き方や業界の最新動向、職種経験者からのリアルなアドバイスなど、有益な情報を得ることができるでしょう。

30年以上の運営実績

MS-Japanを利用する三つ目のメリットは、30年以上の運営実績がある点です。

MS-Japanには、士業・管理部門特化型の転職サービスとして、長年運営する中で多くのノウハウが蓄積されています。

サービス改善も繰り返し行われており、質や頼りがいにおいて魅力的なサービスといえます。

また、運営実績は企業との信頼関係にもつながっており、多くの上場企業の求人取り扱いがある点も運営実績が長いメリットといえます。

限定非公開求人が多数

MS-Japanのメリット四つ目は限定の非公開求人を多数保有していることです。

MS-Japanに登録されている求人のうち90%以上が非公開求人となっており、登録して自身の希望条件を伝えることで、該当する求人の紹介を受けることが可能となります。

非公開求人の中には、公に募集すると応募が殺到するような好条件求人や企業の新規事業など他社に知られたくない求人が含まれています。そのため、非公開求人数が多いMS-Japanであればそういった求人に出会える確率も高いといえます。

また、非公開求人の中にはMS-Japanしか保有していないような限定求人も含まれいるため、転職支援サービスを利用することで、自分の希望条件に合った求人に出会えるチャンスが広がるのは大きなメリットだと言えるでしょう。

取扱求人の年収アベレージが高い

MS-Japanを利用するメリットの五つ目は、取り扱い求人の年収アベレージが高い点です。

MS-Japanが保有する求人の52%が年収500万円以上となっており、全体の20パーセント弱は年収700万円以上と高水準な求人がそろっていることが分かります。

そのため、MS-Japanを利用することで、年収アップを実現した転職者も多くいるようです。

また、MS-Japanを通して転職する場合は給与交渉を代行してくれる点も魅力的です。慣れていないと自分では難しことが多い給与交渉ですが、プロに代行してもらうことで時間や心理的負担の軽減や、円滑な交渉が期待できるでしょう。

MS-Japanのデメリット

ここでは、MS-Japanを利用する際に注意すべきデメリットを2点解説していきます。

MS-Japanのデメリット
  • 地方の求人が少なめ
  • 未経験者や無資格者向けの求人が少なめ

特化型転職エージェントであるMS-Japanを利用するデメリットは決して多くはありませんが、転職希望者の置かれt状況や属性によっては利用する際に注意が必要です。

上記のデメリットについて、詳しく解説していきます。

地方の求人が少なめ

MS-Japanの求人は比較的都市部に集中しており、地方の求人が決して多くはありません。

多くの求人が首都圏や関西の都市圏に集中しており、比較すると地方の求人は少ないといえるでしょう。

そのため、地方在住の転職希望者が地元の求人を探したい場合は、やや不向きな転職エージェントといえるでしょう。

未経験者や無資格者向けの求人が少なめ

MS-Japanは経理や人事部門、IR部門や士業領域などに強みを持つ管理部門特化型の転職エージェントですが、未経験者や無資格者向けの求人数は多くありません。

人事や経理、法務など管理部門の募集においては、経験者を募集している求人が多く、士業領域においては資格必須の求人が多いようです。背景としては、求人企業が特化型の転職エージェントを使って採用するにあたって、経験者をはじめとした即戦力の応募を期待しているといった背景もあるといえます。

現段階で希望する職種が未経験の方や必須資格をお持ちでない方は、未経験OKの職場で経験を積む、仕事をしながら資格を取得するといった形で段階的にキャリアを形成すると良いでしょう。

MS-Japanの良い評判と悪い評判

ここでは、WEBやSNS上で見つかったMS-Japanの良い評判と悪い評判をそれぞれ紹介していきます。

良い評判・口コミ

キャリアカウンセリングが良くて転職に成功できた

大学卒業以来、システム系の上場会社にて経理をしていました。

予算編成などに携わっていましたが、より「経営」に近いポジションで仕事がしたく、MS-Japanに登録しました。

転職に成功したポイントとしては、MS-Japanの「キャリアカウンセリング」が非常に良かった点です。経理経験だけの私が「経営」に近いポジションにつくのはやや不安でしたが、そのようなキャリアプランは一般的である事を教えてくれ、また自分の理想に合った企業をご紹介いただけました。

引用:公認会計士の転職日誌「MS-Japanの評判・口コミと、実際に使った感想【公認会計士監修】」

上記の他にも「キャリアアドバイザーが優秀」「頼りになる」といった多くの口コミが見受けられました。

特化型サービスだからこその専門知識と長年運営してきたノウハウが組み合わさり、頼りがいのある転職エージェントとして評価されているようです。

悪い評判・口コミ

担当者からのレスポンスが遅い

MS-Japanは、対応がとてもていねいで誠実でしたが、正しい情報を得ることに時間がかかるのか、 レスポンスが遅いな、と感じることが多かったです。

引用:転職hub「MS-Japanの評判・口コミは?メリットとデメリットを解説!」

レスポンスやメールの返信が遅いという口コミはいくつか見受けられました。

対応が丁寧な分、時間がかかるケースもあるようですので、利用の際には「確認にどれくらい時間がかかるのか」「待っている間に自身で出来ること」等をすり合わせをした上で、転職活動を進めるとよいでしょう。

【結論】MS-Japanの利用が向いてる人と向いてない人を解説

管理部門領域の転職活動において、MS-Japanは多くの強みを持った転職エージェントですが、その特性上、利用には無機・不向きがあるといえるでしょう。

ここまで紹介してきたMS-Japanのメリット・デメリットを踏まえて、利用が向いている人と向いていない人について解説していきます。

向いている人

MS-Japanの利用が向いている人は以下の通りです。

MS-Japanの利用が向いている人
  • 転職先として士業や管理部門の求人を狙っている人
  • すでに資格や経験を持っている人
  • 業界に関する専門知識が豊富なキャリアアドバイザーからサポートを受けたい人
  • 転職を通して年収アップをしたい人

MS-Japanは士業・管理部門特化型の転職エージェントです。したがってそれらの業界・職種で働きたいと考えている人やすでに経験・スキルをお持ちの方にとっては使いやすいサービスといえます。

また、業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍しているため、業界の質の高い情報提供やサポートを受けつつ転職をしたい人にも向いているといえるでしょう。

上記に加え、転職して年収アップを実現した人にも向いている転職エージェントといえます。MS-Japanでは高給与求人が多く、年収交渉の代行も行ってくれるため、年収にこだわりのある人はまずは登録して相談してみるとよいでしょう。

向いてない人

MS-Japanの利用が向いていない人は以下の通りです。

MS-Japanの利用が向いてない人
  • 地方の求人を探している人
  • 希望職種に関する経験や資格が無い人

首都圏・都市圏の求人が中心であるため、地方の求人を探している人にとってはやや使いづらい転職エージェントといえます。

また、特化型転職エージェントの特性上、未経験・無資格の人にマッチした求人も少ないです。

ただし、上記の「向いていない人」はあくまで傾向になるので、興味がある人はまずは登録して担当のキャリアアドバイザーに相談してみるとよいでしょう。

MS-Japan利用の流れ

MS-Japan利用の流れは以下の通りです。

MS-Japan利用の流れ
  1. 登録
  2. 面談(キャリアカウンセリング)
  3. 求人紹介
  4. 応募・書類選考
  5. 面接

それぞれ詳しく解説していきます。

①登録

まずはサービスへの会員登録を行いましょう。

登録時には名前、電話番号、メールアドレスなどの基本情報を入力します。

その他、希望条件や経験を入力すれば、転職エージェントサービスへ登録が完了となります。

②面談(キャリアカウンセリング)

登録後は、キャリアアドバイザーと日程調整を行い、面談を実施します。

面談ではこれまでの経験やスキルに関すること、希望条件や転職の軸について質問を受けるため、事前に経験・スキルの棚卸や希望条件の整理を行っておきましょう。あやふやな回答ばかりだとエージェント側から転職意欲が低いとみなされ求人の紹介数が減ってしまう恐れもあるので、ある程度準備をして臨むことが大切です。

また、面談時には転職にあたっての不安や疑問点を相談することもできます。業界のプロに話を聞けるチャンスなので、転職希望業界における疑問点や相談したいことを準備しておくとよいでしょう。

③求人紹介

面談を終えると、面談内容や希望条件を元にMS-Japanが保有する求人を紹介してもらえます。

紹介してもらった求人がミスマッチしていると感じたら早めにキャリアアドバイザーに相談しましょう。再度希望条件など伝えなおすことで、キャリアアドバイザーとの認識の溝が埋まり、紹介される求人のマッチング度改善がみられるケースも多いです。

④応募・書類選考

紹介された求人の中で気になる求人や入社希望の求人があれば、まずは書類応募してみましょう。

応募後は提出された履歴書や職務経歴書をもとに書類選考が行われます。

MS-Japanでは、書類選考通過率を高めるために、履歴書や職務経歴書の添削もしてもらうことも可能です。無料で利用可能な転職サポートなので、積極的に活用していくとよいでしょう。

⑤面接

応募後書類選考に通過したら、いよいよ応募企業で面接です。

面接は、自身の強みや将来の希望を伝え、かつ応募企業のことを深く知れる貴重な場になるので、しっかりと準備をしたうえで臨みましょう。

MS-Japanでは、面接においても書類選考同様、面接練習や関連したアドバイスを受けることが可能となっており、こちらも無料なので積極的に活用していきましょう。

MS-Japanを利用するコツ

MS-Japanを賢く利用するコツは以下の通りです。

MS-Japan利用のコツ
  • キャリアアドバイザーとの面談前にしっかりと準備をする
  • 担当と合わないと感じたら変更を希望する
  • MS-Japanが提供しているサービスをフル活用する

どんな転職エージェントを利用する場合でも共通することですが、転職活動の主体はあくまで自分自身です。自分のための転職活動を成功させるために、MS-Japanを利用する際のコツを詳しく解説していきます。

キャリアアドバイザーとの面談まえにしっかりと準備をする

キャリアアドバイザーと面談を行う前にはある程度準備をして臨むことが大切です。面談を有益なものにするためにも、希望条件や転職の軸、これまでの経やスキルを事前に整理しておきましょう。

面談前に整理しておくべきポイント
  • これまでの経験やスキル
  • 転職の希望条件(年収や職種等)
  • 転職の軸
  • 転職(退職)理由

また、キャリアアドバイザーとの面談の際には、転職意欲があることをしっかりとアピールすることも重要です。転職エージェントはそのビジネスモデル上、転職意欲の高い候補者に対してはエージェント側も手厚くサポートを行う傾向があります。

また、経歴やスキルの部分で嘘をつくのは絶対にやめておきましょう。転職を成功させるためには、担当キャリアアドバイザーとの信頼関係が大切なので、経歴詐称をはじめとした嘘を伝えることはしないようにしましょう。

担当と合わないと感じたら変更を希望する

転職エージェントの利用すrサイ、担当キャリアアドバイザーと合わないといったことはどうしてもケースとして発生する可能性があります。

キャリアアドバイザーは転職活動を進める上で、非常に重要な存在ですので、「相性が悪いな」「話がかみ合わないな」と感じた場合は遠慮せず変更希望の申し出を行いましょう。

直接伝えにくい場合は、MS-Japanのサービス問い合わせ窓口から変更希望をするとよいでしょう。

提供しているサービスをフル活用する

転職活動を成功させるためには、MS-Japanで提供している豊富なサービスをフル活用するのもおすすめです。

プロ目線での書類添削や面接練習を行ってもらうことで、自己分析や業界理解が進み、選考通過率アップにもつなげることも可能です。

また、業界・職種経験者のキャリアアドバイザーが多いため、リアルな情報を教えてもらうことがでるため、転職前に知っておきたいことなど積極的に質問してみましょう。

MS-Japan利用を考えている人からよくある質問

ここでは、MS-Japanの利用を考えている人からよくある質問に対して、Q&A形式で回答していきます。

MS-Japanが利用できる期間は?

MS-Japanの利用期間に制限は設けられていません。転職活動が終了するまでの間、利用することができます。

一般的に転職エージェント登録から3~4ケ月程度で転職活動が終了する方が多いので、MS-Japanの利用期間の目安としてください。

MS-Japanは退会してから再度利用できる?

転職活動が終了したといった理由で、一度利用を終了した後、また転職活動を再開したときには再度利用をすることができます。

MS-Japanの「プレミアム優待クラブ」とは?

MS-Japanの「プレミアム優待クラブ」とは、株主優待のことです。

検索すると検索候補に出てきますが、転職者には特に関係がありません。

MS-Japanの利用を断られることってある?

該当職種未経験の方や無資格の方でも基本的にMS-Japanの利用が断られることはありません。

ただし、未経験者・無資格者向けの求人は少なめなのでご注意ください。

MS-Japanについてまとめ

ここまで、MS-Japanのを利用するメリット・デメリットや活用のコツについて解説してきました。

管理部門・士業特化型のエージェントだからこその豊富な関連求人数や、キャリアアドバイザーの専門性の高さが大きな特長だといえます。

また、上場企業の求人数が豊富な点や掲載求人の年収アベレージが高い点も大きな魅力です。

一方でデメリットとしては、地方や未経験・無資格の方向けの求人数が少ないという点のみが挙げられます。

以上を踏まえ、首都圏や都市圏で求人を探している経験者・士業の方には非常におすすめのサービスだといえます。 本記事を読んでMS-Japanを利用してみたいと感じた方はまず会員登録から始めましょう。

まずは登録して非公開求人の紹介を受けよう!

\ キャリアの悩みは専門家へ相談! /

キャリア相談とは?現役キャリコンが解説!

管理部門と士業特化の転職エージェント「MS-Japan」を徹底解説

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしてもらえると嬉しいです!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次