仕事に疲れたと感じたらまずやること8選!辛くなる原因と対処法

仕事に疲れたと感じる原因と対処法
  • URLをコピーしました!

仕事の疲労がたまり、「残業続きで疲れた、、、」「疲れすぎてもう何もしたくない」と感じている方も多いのではないでしょうか。

本記事では、仕事が疲れたと感じてしまう理由の分析や、疲労がたまったときの対処法を紹介していきます。仕事が疲れて辛いと感じている人は、ぜひご一読ください。

>キャリア相談なら「キャリアバディ」

キャリアの専門家を検索可能!

目次

仕事が疲れたと感じる原因

仕事が疲れたと感じてしまう理由について紹介していきます。

以下のような原因で人は仕事が「疲れた」と感じる場合が多いです。

仕事に疲れたと感じる原因

  • 同僚や上司との人間関係
  • 仕事のプレッシャーが大きい
  • 仕事がつまらない
  • 仕事が終わらず残業が多い
  • 脳や目など神経が疲れている
  1. それぞれ解説していきます。

同僚や上司との人間関係

同僚や上司との人間関係が原因で、仕事が疲れたと感じる人は多いようです。

会社には様々な役割の人がいて、チームとして仕事を進める必要があります。しかし、相性の合わない人やすぐに怒る上司がいると、ストレスや疲れの原因となります。

「職場全体の雰囲気が悪い」「嫌がらせ・パワハラを受けてしまった」などの理由で仕事そのもの以上に疲れを感じてしまう人も多いようです。

実際、労働政策研究・研修機構が実施した調査によると、21~33歳のうち約30%近くが職場の人間関係を理由に退職をしたという結果が出ています。

人間関係でストレスを受けてしまうと、普段より疲れやすいだけでなく、以下のような悪影響もあります。

人間関係のストレスがもたらすもの
  • 仕事に対するモチベーションの低下
  • 不眠につながる
  • 仕事だけでなく日常にも楽しさを見いだせなくなる

上記のような事態を避けるためにも、「相手に自分の気持ちを伝える」「仕事のみの関係だと割り切る」等の形で、人間関係によるストレスを減らす努力が必要だと言えます。

参照:独立行政法人労働政策研究・研修機構「若年者の離職状況と離職後のキャリア形成」

仕事のプレッシャーが大きい

営業ノルマの設定がきつい、タスクの重要性が高い、といったように仕事のプレッシャーが大きい場合も、普段以上に疲れを感じやすいものです。

以下のような仕事は特にプレッシャーを感じやすいです。

プレッシャーを感じやすい仕事の特徴
  • 経験したことのない仕事
  • 上司や同僚など周囲からの期待が大きい仕事
  • 絶対にミスをしてはいけない仕事
  • 事業部や会社に与える影響の大きい仕事

また、以下のような特徴がある人はプレッシャーを感じやすいと言われています。

プレッシャーを感じやすい人の特徴
  • 責任感が人一倍強い人
  • 完璧主義の人
  • 心配性な人

あまりに仕事のプレッシャーが大きいと、疲労感が増すだけでなく、判断力・集中力の低下にもつながります。そういった状態では高いパフォーマンスを出すのは難しくなるでしょう。

プレッシャーを乗り越えられるよう、「自分の気持ちを紙に書き出して整理する」「目指すべき目標から逆算してやるべきことを具体化する」といったアプローチをが必要となります。

仕事がつまらない

仕事が暇でつまらないと感じる場合も、普段以上に疲れを感じてしまうものです。

仕事がつまらないと感じる主な原因は以下の通りです。

仕事がつまらないと感じる原因
  • やりがいが感じられない
  • 成長・スキルアップをしていると感じられない
  • 周囲から全く評価されない
  • 将来の目標に対して意味のないことをやっていると感じる
  • 給料が仕事に見合っていないと感じる

「つまらない」「楽しくない」というような形で自分の気持ちに蓋をしてしまうと、モチベーションが低下してしまい、自身の成長速度の低下にもつながるでしょう。

まずは、なぜ仕事がつまらないと感じるのか、原因を分析したうえで適切な対処を行いましょう。具体的にh、以下のような対策方法が挙げられます。

仕事がつまらないと感じる原因
  • 仕事内容を変えてもらえるように上司・人事部に相談する
  • 指示を待つだけでなく仕事を自分で考える
  • 一度仕事から離れて自分を見つめなおす
  • 自身の興味のある仕事を副業にする
  • 転職をする

仕事を楽しいと感じると、日々がより一層輝かしいものになるはずです。上記のような対策法もとりながら状況の改善をめざしていきましょう。

仕事が終わらず残業が多い

仕事量が多く残業が続くと、肉体的にも精神的にも疲労がたまります。残業が多くなる理由には以下のようなものがあります。

残業が多くなる理由
  • 仕事量が多すぎて定時の間に終わらない
  • 仕事の効率が悪い
  • 周りが帰っていないから帰れない

残業の原因として多いのが、仕事量が多すぎることです。一概に仕事量が多いことが悪いとは言えませんが、あまりに自分のキャパシティーを超えている場合は、上司に相談して調整してもらいましょう。

また、仕事の効率が悪く残業が続いていると感じる場合は、業務の見直しを行いましょう。1日のタイムスケジュールを可視化してどこに無駄が発生しているのか、時間がかかってしまっているのか分析することが大切です。

また、周りが帰っていないから帰りにくいと感じたことのある方も多いのではないでしょうか。最近は減ってきていますが、「みんな残っているんだから」と、定時に退社しづらい発言をする管理職もいるでしょう。

時間内にやるべきこととそれ以外をしっかり整理して、周囲に発信しつつ仕事を進めていくことが必要となるでしょう。

脳や目など神経が疲れている

デスクワークが長い方の中には、1日の後半は「もう頭が働かない」「目が疲れる、乾く」というように感じる方も多いのではないでしょうか。

仕事で脳が疲れるのは、脳疲労と呼ばれます。脳も体と同じく、酷使すると疲れるといわれています。

以下のような症状を感じた場合、脳疲労の可能性が高く、リフレッシュ方法を検討する必要があります。

脳が疲れていると起きること
  • 注意力散漫でミスが多くなる
  • 判断スピードが遅くなる
  • 記憶力が低下する
  • なんだかイライラする

脳が疲れているとかえって仕事の効率も悪くなります。5分ほど休憩をとる、何も考えずぼーっとしてみるといった形でリフレッシュするとよいでしょう。

また、デスクワークでパソコンやスマホの画面を長時間見ていると、目の疲労もたまりがちです。目の疲れには、蒸しタオルを使った温パックがおすすめです。また、目が充血している場合は冷パックを使うとよいでしょう。

脳や目の疲れは長時間仕事を続けていることによる蓄積疲労です。適度に休憩を取ることで、かえって仕事の効率も高まるでしょう。

仕事に疲れたと感じたらやること8選

ここでは、仕事に疲れたと感じた際にやること8選を紹介します。自分自身の置かれた状況や目的に沿って、実践していくべきことを検討していきましょう。

仕事に疲れた時にやるべきこと

  • 人生には仕事よりも大事なことがあると考える
  • 仕事を休んでみる
  • 仕事を効率化できないか考える
  • 今の感情をノートに書き出す
  • 上司に相談してみる
  • 好きなことをしてリフレッシュする
  • 仕事以外で熱中できることを探す
  • 良質な睡眠とバランスの良い食事を心がける

人生には仕事よりも大事なことがあると考える

仕事に疲れて、心が折れそうになった時は「仕事よりも大事なものがある」と割り切ってしまいましょう。

仕事は社会を支える要素のひとつであり、たしかに大切なことですが、自身のメンタルや健康の方がはるかに重要です。仕事に疲れて体調を崩してしまうと元も子もありません。

仕事に対する責任感から、メンタルに過度なストレスがかかり続けると、いつか心が折れてしまいます。そんな時には、時には逃げてしまうのも選択肢です。

自身の心に限界を感じる前に、仕事を休む、仕事と程よい距離感を持って取り組むといった形で、余裕をもって仕事に望むことが大切です。

仕事を休んでみる

仕事の疲れがたまってしまった場合は、休暇をとってしばらく仕事から離れてしまうのもよいでしょう。前述の通り、仕事は無理をしないことが大切です。

一度仕事から離れて俯瞰すると、客観的に自分を見つめなおすことができるはずです。

仕事を休んで旅行に行き、温泉や景色の良い場所に行くことで心身ともにリフレッシュすることができます。長期の休暇が難しい場合は、1日有休を取るだけでも大きく違います。

仕事を休むと決断した場合は、会社のルールに沿って有給や欠勤の連絡をするようにしましょう。

無断欠勤は周囲の方々に迷惑や心配をかけるので避けましょう!

仕事を効率化できないか考える

仕事が終わらず残業が続いていることが原因となって疲労を感じている場合は、仕事の効率化を考えましょう。

仕事を効率よく進める人には、以下のような特徴があります。

仕事を効率よく進める人の特徴(代表例)
  • 時間制限を作って仕事をしている(妥協点を作る)
  • シングルタスクで仕事を進めている

時間制限を設けずに仕事をすると、成果物のクオリティにこだわりすぎて生産性が落ちてしまいます。仕事を効率よく進められる人は、自分の中で時間制限を作って仕事をしているため、ある一定のクオリティでの妥協点を持っている場合が多いです。

また、マルチタスクをしていると聞くとなんだか仕事ができる人のように感じるのではないでしょうか。しかし、マルチタスクだと人間の脳構造的に、切り替えがうまくできずかえって効率が悪くなります。ですので、一つ一つの仕事を確実にシングルタスクでこなしていくことが大切です。

仕事を効率よく進める人の特徴を知ったうえで、記事前半で紹介した1日のスケジュールを書き出して分析する方法を取るとよいでしょう。その他、以下のような方法も効率化につながります。

仕事を効率よく進める方法
  • 仕事に集中できる環境を整える
  • TODOリストを作成し優先順位をつける
  • 仕事を効率化するツールを導入する
  • 日々インプットする

仕事を効率化することで、残業時間が減り疲労蓄積の軽減につながるでしょう。

今の感情をノートに書き出す

仕事が疲れたと感じた時は、今の感情をノートやワードにテキストで書き出して気持ちの整理をすることも大切です。

書き出すことで頭の中で悶々と考えるより、気持ちが整理されます。また、書き出したことを後日見直すことで、自分の感情のパターンがつかめるようになるでしょう。

頭に思い浮かぶことを5分間程度書き出すだけでも、十分効果があります。一旦始めると次々に新しい感情が浮かび、気づけば1時間続けていたという人も多いです。

心の中で、「なんで疲れたと感じているんだろう」「仕事で嫌な部分は何だろう」というように、セルフトークしながら進めるとなおよいでしょう。

仕事で疲れた、嫌なことがあったという時だけにやっても効果的ですが、毎日習慣づけることで自分を客観視する力も高まります。可能であればまずは5分から、1日の終わりに自分の感情を書き出す習慣をつけましょう。

上司に相談してみる

仕事が疲れたと感じた時は、信頼できる上司に相談するのも選択肢です。

自分よりも経験豊富な上司であれば、なぜ疲れているのか、どう対処したらいいか答えを示してくれるでしょう。

気心の知れた上司を会社終わりに食事にでも誘って、相談してみましょう。上司側も部下からの相談はうれしいものです。

また、ある程度権限をもつ上司に相談することで、自身の仕事量の調整も検討してもらえます。難しい場合は、話しやすい上司に相談して上申してもらう手もあります。

また、上司への相談が難しい場合は、人事部に相談するのも選択肢です。状況に応じて相談相手を選びましょう。

好きなことをしてリフレッシュする

仕事で疲れているときは、休日に好きなことをしてリフレッシュするのもいいでしょう。読書や映画鑑賞の他、ジョギングやサイクリングで体を動かすのもよいでしょう。

ただし注意点として、以下のような過ごし方はかえって疲労がたまるのでNGです。

疲労が溜まる休日の過ごし方
  • 生活リズムを乱す過ごし方(深酒、昼過ぎまで寝る)
  • 何もせずダラダラする
  • 体力を消耗しすぎる休日の過ごし方をする

リフレッシュ出来る休日の過ごし方としては、以下のようなものがあります。

リフレッシュ出来る休日の過ごし方
  • 読書
  • 音楽鑑賞
  • ゲーム
  • キャンプ
  • 仕事の勉強
  • プチ旅行
  • ゴルフ
  • スポーツ
  • 映画やドラマ、アニメの鑑賞

休日の間ずっとダラダラするよりも、有意義に過ごすことで心身ともにリフレッシュでき、仕事のパフォーマンスアップにもつながります。自身の趣味や興味があることに合わせて、休日をtの新でリフレッシュしましょう!

仕事以外で熱中できることを探す

仕事以外に熱中できることを見つけるのも、仕事の疲れやストレスの軽減につながります。

熱中できる趣味があると、以下のようにメリットも多いです。

趣味があるメリット
  • 趣味で培ったクリエイティビティが仕事に活かせる
  • 他に熱中できる趣味があることで仕事で燃え尽きてしまうのを防げる
  • 趣味を通した成功体験が自信につながる

良い趣味は仕事のパフォーマンスにも好影響を与える可能性があります。

また、副業や資格の勉強、スキルアップの研修に参加するのも選択肢です。

知識やスキルが身に付けば、仕事の効率アップにもつながり、疲労軽減に対して副次的な効果をもたらす場合もあります。

>手に職をつけるオススメの仕事を解説

良質な睡眠とバランスの良い食事を心がける

仕事の疲労回復には、良質な睡眠とバランスよい食事が効果的です。

睡眠の質が悪いと、仕事量にかかわらず疲労が蓄積してしまいます。

睡眠の質を上げるには以下のような点を意識するとよいでしょう。

睡眠の質を高めるポイント
  • まずは十分な睡眠時間を確保する:最低6~7時間
  • 朝に太陽の光を浴びる(メラトニンで体内時計がリセットされます)
  • 寝る前はスマホやPCの画面を見ない
  • 寝る時の部屋の気温を過ごしやすいように調整する
  • 寝る際は部屋の電気をちゃんと消す

睡眠だけでなく、バランスの良い食事を取ることも疲労の蓄積を軽減するうえでは大切です。まずは朝・昼・晩3回しっかりと食事をとるようにしましょう。

また、栄養の偏りがなくなるようにまんべんなく食べることが大切です。不足しがちな栄養素はサプリメントを使って補うのもよいでしょう。

仕事の疲れから「辞めたい」「環境を変えたい」と感じている人へ

仕事の疲れがたまり、「もう辞めたい」「転職して環境を変えたい」と感じている方も多いのではないでしょうか。

ここからは、仕事の疲労から「退職したい」と感じている方に知っておいていただきたいポイントを解説していきます。

仕事を辞めたいと考えた時に確認するポイント

  • まずは仕事が本当に辞めたいのかどうか自分の心を整理する
  • 辞めると決意した場合はこれからのビジョンを決める
  • ビジョンを軸に転職先に求める希望条件を考える
  • 後悔しないように入念な検討をする

上記の内容に沿って解説していきます。

>転職エージェントの賢い活用方法の解説はこちら

まずは仕事が本当に辞めたいのかどうか自分の心を整理する

仕事で疲れている日が連日続くと、ついつい感情に任せて辞める決断をしてしまいがちです。しかし注意してほしいのが、感情に任せて仕事を辞めてしまうと、あとで後悔することになることが多いということです。他にも、「上司に怒られたから」「ミスをしてしまったから」という理由ですぐにやめてしまうのは危険です。

まずは、一度冷静になって、本当に辞めたいのか、辞めるべきなのか感情の整理をする必要があります。

辞める決断をする前に、自分が今やめたいと感じているストレスの原因を洗い出しましょう。その原因が今の職場ではどうにもならないという場合にだけ、転職をするのがおすすめです。

辞めると決意した場合はこれからのビジョンを決める

仕事を辞めて転職すると決断した場合は、まずこれからどうなりたいか、人生をどうしていきたいかビジョンを改めて考え直しましょう。

将来自分はどうなっていたいのか、理想の働き方とは何か、自問自答しながら導き出していくことが大切です。

キャリアプランを明確にすることで、今何をすべきなのか、転職活動でどんな職場を目指すべきなのかはっきりと見えてくるでしょう。

将来のビジョンを考える際は、紙に書き出しながら考えることがおすすめです。1日ですぐ決まるようなものでもありませんので、あとで振り返るためにも記録しておくことが大切です。

また、キャリアプランが明確な人は面接でも好印象です。企業の面接では「将来どうなりたいか」と聞かれるケースが多いです。求職者の将来像と企業側が用意できるキャリアパスがマッチしていれば採用される可能性は大きく高まるでしょう。

ビジョンを軸に転職先に求める希望条件を考える

将来のビジョンが決まったら、その内容を軸に転職先に求める希望条件を考えていきましょう。ビジョンに沿って考える他、現在の職場で疲労を感じてしまっている理由も踏まえて条件を決めていくのがポイントです。

例えば現在、残業が多くて疲労がたまっている場合、転職先に求める条件としては残業時間の少なさとなるでしょう。

また、上司との人間関係から精神的に疲れてしまっている場合、フラットな関係が築ける若手メンバー中心の企業を探すのもありです。

希望条件を洗い出し、箇条書きで整理しましょう。

後悔しないように入念な検討をする

現在の職場の二の舞とならないように、入念な検討をしたうえで転職先を決めることが大切です。

転職活動をはじめるとついつい早く転職したいからと、最初に内定した企業に入社してしまいがちです。転職エージェントから内定承諾を催促されて、入社を決めて仕舞うという場合もあるでしょう。

あとで後悔しないためにも、本当に自分の条件に合った職場なのか、入念に考えたうえで、転職先を決定するとよいでしょう。

仕事が「疲れた」「辛い」に関連するよくある質問

ここでは、仕事が「疲れた」「辛い」に関連したよくある質問に対して、Q&A形式で回答していきます。

仕事を休んだ方がいいサインは?

仕事を休んだ方がいいサインは以下の通りです。

  • 集中力や注意力が落ちる
  • イライラするなど感情のコントロールができない
  • 寝れない日が続く
  • 頭痛やめまいが続き、治らない
  • 食欲がなく、栄養バランスが取れていない

など、メンタル面や体調面で症状があらわれます。

このような症状が出た際は、適切に休みをとりましょう。一旦、仕事から離れリフレッシュすることで、回復することもあります。体調不良の場合は、無理せず早めに休みをとることが大切です。場合によっては、病院に行くなど体調が悪化する前に対処しましょう。

仕事を休むべきサインが出たら、無理せず休み、場合によっては病院へ

仕事の疲れを効果的にリフレッシュする方法は?

休憩中にできる効果的なリフレッシュ方法を紹介します。

飲み物やお菓子を摂取する

水分不足は、疲れの原因となります。こまめに水分をとりましょう。眠くなってしまう時は、コーヒーや紅茶などのカフェインをとることで眠気覚ましをすると仕事に集中できます。

また、自分の好きなお菓子を食べることで気分転換ができます。脳が疲れている時は、糖分を補給すると良いのでチョコレートを食べるのがおすすめです。

散歩やストレッチをする

外に出て少し歩くだけで、頭も体もスッキリするでしょう。外の空気を吸うだけでも気分転換になります。また、長時間同じ体勢でデスクワークをしていると、体が固まってしまうので、ストレッチで体を伸ばすとリラックスできます。

仕事の疲れが長引くときはどうすればいいですか?

毎日残業や激務が続く場合でも睡眠時間は確保し、その日の疲労はその日のうちにとることを心がけましょう。

体を動かすことはリフレッシュに繋がりますので、休日は運動をすることがおすすめです。運動をしたくないという人は、マッサージや湯船につかる、サウナなど自分にあったリフレッシュ方法を見つけましょう。

疲れが長引くときは、自分に合ったリフレッシュ方法を探してみましょう

仕事に疲れて何もしたくありません

仕事に疲れて何もしたくないという時は、脳と心の危険信号という場合もあります。

可能であれば、一度休暇を取って仕事から離れる機会を設けても良いでしょう。1日有休を取って休むだけでも、心身ともにリフレッシュできるはずです。

休むことで自分の状況を客観視することにもつながります。

まずは休息をとって、自分を客観視しましょう

仕事に疲れすぎてもうやめたいです

仕事に疲れすぎてもう辞めてしまいたいと感じている場合も、冷静な判断が必要です。

勢いのままに感情任せで辞めてしまうのは、大変危険です。あとで後悔することになる場合が多いです。

まずは、なぜ疲れたと感じているのか、辞めたいと感じているのか、根本的な原因を探りましょう。そのうえで、今の職場では解決不可能な原因だと感じた場合には、転職の決断をするのが適切です。

疲れている時こそ冷静に、転職すべきか否かを判断しましょう

まとめ

ここまで、仕事が疲れたと感じてしまう理由の分析や疲労がたまったときの対処法を紹介してきました。

仕事が疲れて辛いと感じた場合は、本記事で紹介した以下の対処法をとるとよいでしょう。

  1. 人生には仕事よりも大事なことがあると考える
  2. 仕事を休んでみる
  3. 仕事を効率化できないか考える
  4. 今の感情をノートに書き出す
  5. 上司に相談してみる
  6. 好きなことをしてリフレッシュする
  7. 仕事以外で熱中できることを探す
  8. 良質な睡眠とバランスの良い食事を心がける

疲労が溜まってくると客観的な判断をすることが難しくなるため、仕事で高いパフォーマンスを出すためにもしっかりリフレッシュできるように方法を考えていきましょう。

環境を変えることが必要な場合は、転職エージェント等を活用して就職活動を行うとよいでしょう。

また、現状課題の整理のサポートやアドバイスを受けたい場合は、専門家に相談するとよいでしょう。「キャリアバディ」ではキャリアコンサルタントをはじめとした専門家に、キャリアやライフプランに関する相談をすることが可能です。

興味がある人は、以下のリンクからキャリア専門家を検索してみましょう。

>キャリア相談なら「キャリアバディ」

キャリアの専門家を検索可能!

仕事に疲れたと感じる原因と対処法

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしてもらえると嬉しいです!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次